スピリチュアルと自分軸

首都圏に緊急事態宣言が出されて、


デパートやショッピングモール、多くの飲食店が1ヶ月ほど休業しています。




遊びに行けず、自宅にいるのを余儀なくされているわけですが、


これが意味することとは?




「外に出かけるのをやめる」という流れが起きているのです。




つまり、外の世界(仕事、人間関係、他人、出来事)に


のめり込んで生きてきたやり方をリセットして、


自分の内側に向かっていく時代が到来しているということです。





他人の評価、人の目を気にして生きる今までのやり方(他人軸)を手放して、


自分軸に立ち返らないと、もうこれからの時代うまくいきませんよ〜


という流れなのです。




強制的に自分の内側に入っていくことを余儀なくされているということなんです。




仕事や遊び、人づきあいを取り上げられたとき、


否応なく自分と向かい合う時間ができますよね?






この流れは昨今の瞑想ブームからもわかります。



20年前くらいに起きたヨガブーム。


ヨガは動く瞑想であり、


その中に普通の瞑想も組み込まれてます。




ここ数年はスティーブ・ジョブズが瞑想を習慣にしていたことから、


ビジネス、企業でもマインドフルネスなどの瞑想を社員に推奨するようになりましたね。




瞑想は自分の内側に向かっていく「静なる行動」です。




肉体は動いていないけれど、


時空間を超えるほどの大きな移動をしている時間なんですよ。





そして多くの人が、


この物質世界が現実だと思っていたのが、


そうではなく、


精神世界が実は大元だったと気づき始めましたね。


(就寝中に見る夢の世界の方が現実だったのです!)





まずスピリットの世界(エネルギー世界)で起きたことが、


時間差でこの3次元レベルの物質世界に現れているにすぎないんですよ。





いまだに、「スピリチュアル」という分野に分けて考える人がいますよね。




または、


「スピリチュアルって胡散臭い」とか


「目に見えない世界って信じられない」など。





目に見える肉体と


目に見えない魂(スピリット)は


振動数(周波数)の違いに過ぎないんですよ。




周波数が高くなれば振動数が早いので目に見えない。


周波数が低いと振動数がゆっくりなので目に見える。



それだけなんですよ。





「スピリチュアルってどうなんだろね?」


というのは、


それはまるで氷が


「水蒸気ってあるのかな?


どうなんだろね?


目に見えないから信じられないよね」


って言っているようなもので、(笑)


同じ水からできているんですよ。





温度が高くなれば水蒸気になり、


低くなれば氷になる、


それと同じことなんですね。




現在、地球が波動を上げて3次元からより高い次元へ移行中なんです。




その地球で暮らしていくには、


その惑星に乗っているわたしたちも


波動を上げて同調していく必要があるのですね。





まず他人軸をやめること。




自分が心地よいと感じること、


好きだと思えることをする。




社交辞令、美辞麗句、愛想笑いをやめる。


それは他人に好かれたい、嫌われたくない、仲間に入れて欲しいという他人軸だから。




人に認めてもらいたい、


愛されたい、


かまってほしい、


褒められたい、


を手放す。


他人軸だから。




自分の好きなこと、しっくりくる言動をとって、


自分の機嫌をとれるようになること。





誰かに愛をもらおうとするのではなく、


愛の自家発電ができるように成長していくこと☆












#自分軸 #他人軸 #スピリチュアル #非常事態宣言 #首都圏 #ヨガ #瞑想 #スティーブ・ジョブズ #マインドフルネス

 
  • Instagram